So-net無料ブログ作成
検索選択

ご帰還 [野郎猫]

お昼前に病院から連絡あり。

「染五郎ちゃん、六輔ちゃんですが夕方4時過ぎから7時までの間でお迎えお願いします」

料金を確認し、夕方4時銀行に立ち寄った後、病院へ。

診察料、手術代、尿便検査、宿泊料、六のマイクロチップ挿入代金、S区去勢手術助成金を差引き、染六2匹分合計〆て24540円也。

あれ?2匹とも同じ料金だ。六のマイクロチップ挿入料金3500円が加算されてない・・・あは、センセったらサービス期間終ってるのに免除してくれてる。明日郵便局で登録料1000円を支払うだけでいいようになってる(泣)センセ~~~ありがとね♪助かるよ~~~。

入院中にお願いした尿と便検査の結果だが、

=便に毛が沢山。毛球除去剤をしっかり舐めさせること。尿は異常なし。まだ毛が抜けない染が何故に?兄ちゃん達をせっせとグルーミングするからかな?

=便異常なし。尿に少量の潜血と蛋白。1週間後に再検査。それまでにトイレを頻繁に行き来するようなら即病院。細菌性膀胱炎は完治しているはずだ。疑われるのはドライの食事。こいつだけはドライはふやかして与えなきゃ。あとウエット食。やっぱりコビトネコだから内臓も未熟なんだな。ドライはまだ無理なんだ。

帰宅途中、リュックキャリーからは六の元気な声しか聞こえてこない。染はだんまり。

我が家に到着し、キャリーから顔を出した染六のサクランボは見る影もなくしょぼくれている。が、本猫たちはいたって元気。百から歓迎のお小言を頂き嬉しそう(?)寿幸は歓迎のお尻クンクンが終るとすぐさま追いかけっこ開始。染六も待ってましたとばかりドタドタ駆け回る。

現在、幸ちゃん監視の中、染六だけで鬼ごっこ中。賑やかなこと。大人組の試練の日々がまた始まる。この2日間まったく耳にしなかった百のお小言が、染六復帰と同時に爆裂。デッカイ兄ちゃん、ご苦労様。

やんちゃ坊主コンビ、心配された入院パニックなどまったく見られない。同じ状況下で寿幸に見られたお水のがぶ飲みもなし。いつも通りの染六だ。こいつら見かけによらず大物かも。いや、ただの能天気なお気楽トンボなだけかも?

1週間後検診は3月2日。何事も起こりませんように。
おなかいっぱい御飯食べて、思い切り走り回って、ウンチもオシッコも済んだらあとはバタンキュ~(__)。。ooOZZZZ


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

爆睡 [日常]

早朝3時から女子フィギュアSPをTV観戦。

想像した通りの結果だな。荒川さんが3位、村主さんが4位、安藤さんが8位。オリンピックを含め、国際競技大会を経験した先輩2人が落ち着いた演技で奮闘。点数がここまで離れたら明後日のフリーで安藤さんが4回転をクリアしてもメダルには届かないかもしれないね。

安藤さんが新調したコスチューム、あのワダエミさんのデザインらしいけど、個人的にはパッとしない地味な印象。若いんだからもっと原色で派手なデザインでも良かったんじゃない?「素材も色も誰も試したことがない。このコスチュームは世界一」というような意味合いのコメントをインタビューで言っていた安藤さん。「お断わりしたんですが熱意に負けて・・」とワダエミさん。スケートの衣装にしては重たくてボテボテしたイメージ。4回転で攻めていくイメージを全く感じさせないコスチューム。荒川さんといい村主さんといい、自分の個性と攻め方を上手くアピールしたコスチュームだし、とっても綺麗で似合ってたのだけれど、安藤さんはな~~、はっきり言って似合ってなかったなぁ。コスチュームに負けてたような気がする。悪いけどあのコスチュームを着こなすにはま~だお子ちゃまですよ、ミキティ

それにしてもアメリカ強い!!ロシアを抜いて1位!綺麗だしノーミスだしさすがです。

明後日のフリー演技もオンタイムでしっかりと楽しませていただきます。

全部見終わり爆睡。。。目覚めたらお昼過ぎだった(;^_^A アセアセ・・・百寿幸も添い寝でぐっすり。誰も邪魔しない静かな時間なんて久し振りだよね。大人だけのゆっくり流れる時間を充分に楽しみました。

膝に乗ってきたり、抱きついてきたり、じ~~っと見つめたり、移動する場所にくっ付いて回ったり、思い切り甘えてくる百寿幸。染六が加わってからというもの、先住3匹がどれだけ兄貴として我慢してきたか実感。健気だね~。明日には染六が帰ってくる。また賑やかな組事務所に逆戻りだけど、よろしくね。


イケメンウォッチング以外に今回のオリンピックで薫の隠れた楽しみがひとつだけある。それは競技の合間に会場に流れるBGM。何故か知らないけど懐かしの80’sヒットナンバーのオンパレードなのだ。

80年代に一足遅れの青春時代を謳歌した薫だが、名曲だらけのこの時代を派手に遊びながら生きた人には「こりゃ、たまらん(落涙)」心憎い選曲です。


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

染六手術 [野郎猫]

午後5時半、病院から連絡あり。

「染五郎ちゃんと六輔ちゃんは無事手術を終え、今しがた麻酔から覚めました。お迎えは明後日の午後になると思いますが、午前中に必ずご連絡いたします」

とうとう染六ともオカマになっちゃいました。

今朝9時、染六をリュックキャリーに入れた後、大人組に朝食を与え出発。センセも看護師2人も既に病院で待機している。

まずはサクランボ収穫が微妙だと感じるこいつから。歯の生え具合とサクランボを丁寧に診察。「大丈夫!今日一緒にやっちまおう」体重2.7キロ。血液検査の為の採血も、短い稲妻尻尾を股間に挟んではいるが、初めてきくドスの利いた大きな声で鳴きながらセンセにガン飛ばすなど、非常に落ち着いた(笑)態度。GPTが58、Tcho(総コレステロール)が123と少々高めの他は全部基準値内。150グラムの地球外生命体コビトネコも3キロ近く。去勢できるまででかくなったことに感慨無量。

続いてこいつ。体重4.6キロ。六と同じく、長い尻尾を股間に挟みながら十八番の情けな声を精一杯張り上げ、センセや看護師さんに蹴りを入れる。注射器片手に「うるさい!!」センセが 怒鳴ると一瞬静かになるが蹴りは続く。センセ四苦八苦しながら採血。Tchoだけ116と高めだが、それ以外は基準値内。おっと、こいつ生後半年で百次郎、寿三郎についで重たくなっちゃったよ。幸四郎より重たくなっちまった。

染六共、血液検査の結果は良好。2匹とも総コレステロール値が高いが、これは我が家の猫である証拠(笑)幼い頃から百次郎の腎不全療法食を好んで食べているからであって全く問題なし。六の肝機能値が高いことに関しては、「この程度の数値なら問題ない。ちょっと緊張してるだけでもこれくらい上がる」とのこと。そう言えば1ヶ月の百次郎が肝機能高めだったなぁ。今年18歳になる百だが、心配された数値はどんどん下がり、今じゃ基準値内。もしかして、六もそのクチか?洋猫の血入ってる?

セ「2匹は何食ってる?」

薫「H'sのグロースと山羊ミルクナチュラルフード、それと百の腎不全療法食」

セ「半年過ぎたらもうグロースは止めていいぞ!大人食だけにしろ」

薫「は?1年間は高たんぱく食たべさせるんじゃないの?うちにはまだ幼児食山のように残ってるよ」

セ「いや、半年過ぎたら蛋白とコレステロール高くなっちまうから食べさせちゃ駄目!!業者さんの情報信じるな。研究もしないで何にも知らないまま売ってるんだから。『センセ~~、シニアって何歳からなんですかね~~?』って聞いて来るから『そんなの俺に聞くな!あんたらの方がプロなんだろが##』って怒鳴ってるくらいだ」

勿体無いから家にある分は食べさせちゃおっと(^_^;))))))コソコソ・・・でも、熊本に買い置きしてるグロース10袋・・・ど~しよ~。

どなたか必要な方がいらっしゃったらお知らせください。お譲りします。このまま暫くこっちに居座るなら療法食も引き揚げなきゃな( ;^^)ヘ..

必要書類に署名捺印しながら入院中に六のマイクロチップ挿入と2匹の尿と便検査をお願いする。染のマイクロチップだが、保護していた動物病院が既に入れているので必要なし。

あれ?

薫「行政窓口で手術の助成金手続き・・・まだだよね」

セ「あ”~~~っ、なんだよ!まだなのかよ!!本当は手術当日までに済ましてなきゃいけないんだぞぉ。しゃぁないなぁ。じゃ、この申込書持ってすぐに区役所で手続き済ませてきて」

薫「あのさぁ、先週電話した時に気にはなってたんだけど、何も言ってくれなかったじゃん。それにさぁ、今まではそっちでやってくれてたじゃん##」

セ「人のせいにするな!!おめぇが飼い主なんだからよぉ、俺らがうっかりしてても、そっちがしっかりしてなきゃ駄目じゃねぇかよ!!んで、獣医師が一括手続きすること禁じられちゃったのぉ。シノゴノ言わずにさっさと手続き済まして、通知書持って来い!!待っててやるからぁ##」

ちっ。口だけは達者なんだから。

申込書持って必死に自転車ふん転がし区役所へ。

薫「今しがた病院に去勢手術のことで相談に行きましたら、すぐに手術しましょうということになりまして・・・あはあは(;^_^A アセアセ・・・」

嘘も方便。センセを悪者にしないと気が済まない(笑)

15分待って決定通知書を作成してもらい病院へ戻る。

診察室では看護師のウメちゃんの胸にへばりついた六が麻酔注射を打たれている。うううう・・・ろ~~く~~~ぅ(T^T)

「六ちゃんって可愛いねぇ。ものすごく優しい顔してるよねぇ。大きくなったよねぇ」

受付に戻ってきたデレデレ顔のウメちゃんに書類を手渡す。

「あの子さ、毎晩耳チュパしながらじゃなきゃ眠れないのよ。お願いだから耳たぶ吸わせてやってね」

「お~~い、大型犬用のケージ無菌室に入れとけ!あとキャットフード多目にな。ケージの施錠も厳重にな。サルより賢いだろうから鍵あけるかもしれんぞ」

センセがウメちゃんに冗談混じりに言う。

「じゃさ、家族全員でお邪魔するわ。追加であと3匹分おねがい。もちろんタダで泊めてくれるんだよね」

センセと冗談言い合うのって久し振り。

帰宅すると幸四郎がお出迎え。これまで以上にウニャウニャゴロゴロ言いながら甘え、そばを離れようとしない。
百寿はやんちゃ坊主コンビが居ない内に命の洗濯するつもりなのか、食っちゃ寝の温泉モード。大の字で爆睡。期間限定のパラダイス気分を満喫しております(笑)

それにしても、染六がいないだけでこんなに静かになるなんてねぇ。今日明日は私も大の字で眠れそう。


nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

いよいよ明日 [野郎猫]

朝一番で染六の検査です。

たった今、9時の時報を合図に、明朝まで全員絶食に入りました。

染は誰が見ても完熟。

六はどうかな?染と一緒に収穫できるんだろうか?触った感じではもう少し待った方がいいのかな、という程度の熟し方なんだけどな。

明日、血検とセンセの触診によって2匹とも入院かどうかが決まる。


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

洗濯・・・ [日常]

臭う・・・家の中のどこかが臭い!

ベッドカバーソファカバー、デイバッグ、ロングコート帽子、手袋・・・

クンクン、クンクン・・・臭いの元はどこだ・・・クンクン

寝室の毛布がわずかに濡れている・・・臭う・・・薄めた洗剤をしみ込ませたタオルでフキフキ、乾いたタオルでフキフキ・・・

洗えるものは全部洗おう!

ア”~~~~っ、コートの袖口が濡れてる!!

くさっ!!

昨夜、何も知らずにこのコート着て●ーソンに行き、その場であまりの異臭に固まった。まるでホームレスの香水!!カウンターのお兄ちゃんたちがいや~~な顔してこっち見てた・・・

あの時は裾の方から臭ってきたが、今回は袖口。それもやったばかり。

っていうことは・・・もしかして六?いや~、染もコートのそばにいたからな~。

どっちにしてもこれでスプレー確定。

もう少し早く手術してあげたらよかったね。ごめん。

今日は一日中、お香と洗濯機フル稼働です。

ジュサ坊の頑固な舐め傷はいつの間にか完治してしまったようです(^・^)


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さらばサクランボ [野郎猫]


             &

来週火曜日(21日)午前9時に揃って病院で血液検査の上、問題なければそのまま入院。晴れて大人の仲間入りをいたします。

染、どうもスプレーし始めたようなんです。そんな素振りはまったく見せないのですが、冬物のコートや部屋のあちこちが・・・臭うんです。

最初は肛門膿かトイレ臭と思ったのですが、どうも違うようです。
見てないところで始めちゃったかもね。

すぐさまセンセに連絡。来週月曜9時、いつものように関係ない野郎も含め、全員食事をストップ。火曜朝一で染六をセンセのところへ連れて行くことにしました。

染のサクランボはいつでも収穫できるくらいに熟しているものの、六は・・・どうなんでしょ?一応一緒に連れて行き、センセのお見立て如何ではもう少し先に延ばすかもしれません。

幸四郎までは3ヶ月過ぎたらさっさと収穫してたんですけど、染六は出来るだけ先延ばしにしたい気持ちが強くて。出会った経緯がそうさせるんでしょうか?寂しいような悲しいような、複雑な気分です。

うちのセンセの病院は♂でも2泊3日の入院を義務付けています。染六共いなくなったら・・・静かでしょうね~(ToT)


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凹むよなー [ぼやき]

春らしいスキンに衣替えしたんだけど、目がチカチカしたり読み辛かったりしませんか?もし辛そうなら他のに替えますんでご感想お寄せくださいませ。

さて、最近またまた開かずの扉の我が猫屋敷。15日にメンテナンス実施したので、少しはサクサク動くかと期待してたけど、相変らず一日中激重だし、オリンピックTV観戦しながら夜中早朝に更新しようとしてもエラーメッセが出て弾き飛ばされる始末。いくら拙筆でも灰色の脳ミソをそれなりにフル回転させながら書いたものが一瞬にして吹っ飛ぶのって、凹むのよね~。メモ帳に書いたものをコピペするのって手間隙かかってウザいんですけどぉ。

何度も同じような台詞のお詫びを掲載せねばならないことは、ソネットブロッガーとして恥かしい限りです。
足を運んでくださっている皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしております。これに懲りないで遊びに来てね<m(__)m>

何度クレームを出しても一向に好転しない、メンテ繰り返しても何をどう直したかわからないくらいに何も良くならない。ソニーさん、あなたもお家騒動真っ最中の某航空会社さん同様、斜陽族ですか?

まぁ、今日はだいぶ調子いいようなので気持ちよく更新してますけどね。このままサクサクいってくれよ、頼むぞ!

オリンピック、今のところメダル1個も取れてないし、JOCはメダル獲得数下降修正するし、ふがいない現状に対し、何故かマスコミ連中こぞって「惜しい」の連発。スピードスケートの岡崎朋美さんはメダルこそ逃したが「惜しい」と言えるだけの頑張りを見せてくれたと思う。でも他はどうなのかな?入賞10位以下であっても「惜敗」と評価していいのものかな?一体どこまでが「惜敗」なの?個人的には4位以下は「惨敗」だと思うんだけど。だってメダル圏内に入ることができなくて惜しいんでしょ?メダルに手が届きそうだったけど取れないから残念なんでしょ?だったら4位でしょ?違うの?それが厳しすぎるならせめて10位までじゃない?

さ~て小一時間後の男子フィギュア・フリー、高橋君が初のメダル奪取なるか?明日から始まる女子フィギュア、荒川さんが何となくいけるような気がするけど、どうなんだろ?●キティの発言聞いて逃げのコメントのように感じるのは私だけ?村主さんは・・・どうなんでしょ?いずれにせよ、浅田真央さえ出してれば・・・って結果にならないよう祈るだけ。

16日は汐留で上京中の猫馬鹿さんを囲んでのお食事会が催されたのだが、私はその時、会社時代の悪友達と久々の飲み会で銀座の居酒屋にいた。早めに終れば汐留へ合流するはずだったが、9時過ぎに赤坂へ流れていくことになり残念ながら断念。友人の親族が経営している落ち着いた雰囲気のバーで飲みなおし、帰宅した時には日付け変更線を越えていた・・・仕事場の愚痴や私の近況など馬鹿話も交えた気のおけない仲間との楽しい時間だった。 久々に二日酔いの予感・・・


nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

巨星墜つ [その他]

13日、同じソネットブログの猫仲間ジャスミンさんのミーちゃんが静かに旅立っていった。あと1ヶ月で18歳になるはずだったミーちゃんも千太郎と一緒の病気、腎不全と懸命に闘っていた。

ミーちゃんが腎不全と診断され、それまでこの病気のことを全く知らなかったジャスミンさんがネット検索で我が猫屋敷にたどり着かれたのも何かのご縁。moomamaの老猫会から療法食のお試しセットを届けていただき、病院から吸着炭も処方していただき、ジャスミンさんとミーちゃん、そしてお母様は獣医さんとタッグを組み、病状改善に向けて新しいスタートをきられた。ジャスミンさんは、より頼もしい介護人さんとなり、ミーちゃんと真正面から向き合ってくれた。

ミーちゃんは届けられた療法食をよく食べてくれていた。寝たきりのままであっても、ジャスミンさんたちに自分が何をしたいか頭を動かしたり、よく動く尻尾でサインを送ってくれたそうだ。

最後の日も午前中にお仕事に向かうジャスミンさんをお見送りした後、病院で治療を受け、帰宅して療法食をお腹一杯食べた。夕方、お母様がちょっとその場を離れた1瞬の間に眠るように息を引き取ったそうだ。

ジャスミンさんやお母様に最後を見せなかったのは、お二人を悲しませたくないミーちゃんなりの優しさではなかろうか。お二人には元気な姿だけを覚えていて欲しかったのではないか?

14日、暖かな春の日差しの中、ミーちゃんは大好きなジャスミンさんとお母様に見送られ天へと昇っていった。

そして・・・

15日の夕方。腎不全の猫とその介護人にとって憧れの存在、テトさんのタラちゃんが23年の猫生を終えた。「ありがとう、生まれ変わって帰ってきてね」テトさんの言葉を聞きながら、とても静かな最後だったそうだ。タラちゃんも腎不全。最後は胸水や腹水に悩まされた。しかしそんなことなど跳ね除けながら強く逞しく23年も生きた偉大な猫さんだ。うちの百次郎とよく似ているタラちゃんにとっても親近感を覚える。百次郎もタラちゃんみたいに元気で長生きして欲しいなぁ。テトさんにはタラちゃんのほかにのんちゃんという猫さんがいた。その子も腎不全だったが、2004年9月、21歳で亡くなるまで堂々とした猫生でタラちゃんと共に、勇気と希望を私たちに与え続けてくれた。のんちゃんが旅立った後もテトさんのそばにはいつも甘えん坊で元気なタラちゃんがいた。今年になって急激に衰弱し寝たきりになったそうだが、食欲は落ちずよく食べていたそうだ。テトさんがお仕事を辞められたのを待っていたような・・・。千太がそうだったから何だかそう思えてならない。これでやっと肩の荷を降ろせる、思い切り甘えられるって思った?旅立つ前の13日、急に立ち上がり、歩き、そして餌場で美味しそうに御飯を食べ、テトさんを驚かせた。お二人で日向ぼっこし、夜は久し振りにテトさんの腕枕で一緒に眠ったと知り、タラちゃんのテトさんへの深い愛情と強い絆を感じ夜中なのに万歳三唱した。次の日からまた寝たきりになったけど、テトさんもタラちゃんもきっと充実感に包まれていたに違いない。だって第三者の私でもこんなに達成感に満ちてるんだもの。

千太郎の病状がどんどん進行し、何をしてあげればいいかわからず、言いようもない不安に駆られていた頃、必死にネット検索をしてやっとたどり着いたのがテトさんのサイトだった。同じ腎不全でありながら20歳を越えてまで逞しく生きているのんちゃんとタラちゃん、そして腎不全を深く研究しながら彼らを明るく介護するテトさんが私を迎えてくれた。テトさんのサイトで知った療法食やナチュラルフードなどいいと思ったものは片っ端から試してみよう!前向きな介護、楽しい介護を目指し再スタート。癲癇性全身痙攣を繰り返しながらどんどん痩せ細っていく千太が見事脱皮するまで、くじけそうになる心を鞭打つ為に何度テトさんのサイトにお邪魔したことだろう。年上ののんちゃんとタラちゃんだってこんなに頑張ってる。テトさんもきっと同じように辛かったり、不安を感じているはず。頑張らなくちゃ!真っ暗闇だった私の心に勇気と希望、そして多くの猫仲間を与えてくれたこのサイトは、これからもずっと私の心のバイブルです。

タラちゃんを悼むように外は涙雨。タラちゃんは今日、テトさんが見送る中をのんちゃんの元へと旅立っていく。

ミーちゃん、タラちゃん、ありがとう。また会おうね。きっとだよ。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

六は黒猫? [野郎猫]

昨日はバレンタイン・デー。

外出したついでに野郎共に何かプレゼントでも、と思ったが友人と別れ帰宅する頃にはすっかり忘れていた(爆)許せ!!

間に合わせだけどオーガニックチキンをちと多目に与えた。

そうとも知らず野郎共はウキウキご機嫌。健気(泣)

さて、今日もいいお天気。昨日より少し肌寒いけど、日差しは強い。野郎共は各自、お好みの場所で日向ぼっこ。春だね~。

太陽の日差しを浴びると六の体に微妙なグラデーションが浮かび上がる。

小さい頃から一体何変化したろうか。

摘まんだ当時、縞はあるけど黒猫か?と思ったらグレーや白毛がどんどん増え、かと思ったらブルーっぽい毛が増え、その内にまた黒に戻った。でもずっと縞々は残ったまま。太陽光に晒されると割とくっきりストライプがわかる。なんだかサビ猫っぽいけど、サビはミケと同じく♀だけだからな~。

赤茶も普通の黒猫より多目だし、お前って黒猫もどきなのか?

そんな不気味可愛い六の最大のお笑いどころ。それは・・・
このツバメの子のようなブヨブヨのくちばし(笑)耳チュパがまだ卒業できないでいるそこの君、もう6ヶ月なんだよ。そろそろお口をびしっと引き締めたらど?


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幸四郎の独り言 [野郎猫]

なに笑ってるん?
あ、くすぐってるのばれた?ちっ。それにしても・・・笑い顔まで情けな顔な奴って初めて見た_・)ぷっ 変な奴。
こいつらはお気楽だから、地球がくしゃみしても起きねぇだろうな~_・)ぷっ
げっ!!
こっち睨んでやがる_・)ソォーッ・・・「おめぇ、うるせ~ぞ。静かにしろい!」って、こわっ( ̄□ ̄;)!!
お前、まだ笑ってるの?もしかして睨まれて固まっちゃった?引きつってるの?それとも顎外れた?え?あくびしてるだけ?ヤッパこいつって変_・)ぷっ 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。