So-net無料ブログ作成
検索選択
フード ブログトップ

猫の食事 [フード]

moomamaの日誌に書かれていたある方の購入された某社の猫缶、開けたらカビだらけ、そして、ひぴさん掲示板に報告されていたアメリカ本土で販売されているフードのリコール騒ぎ。

どちらも他人事とは思えない。

購入した商品が不良品だった経験は幸運にも未だないけれど、千太郎の尿路疾患、ひいてはその後に患った腎不全の引き金となった要因が酸化した食事を食べ続けたからだと信じて疑わない薫だから。

野郎共の主治医であるセンセは、有名なH's信者。それもドライフードに限る。ナチュラルフードであろうが、他社の療法食であろうが、とにかくH's以外の食事は禁止(子猫食で言えばH's以外でOKなのはナチュラルライフのみ。腎不全の療法食ではキドニーケアもOKになった。それ以外の会社の療法食も飼い主が自宅で食べさせる事に関しては文句を言わないが、それでも本猫が入院すると、他社の療法食持ち込み可といえども、必ずと言っていいほど院内で扱っているH'sに徐々にスイッチする)
というのも、この会社以外の商品は最初から空気含有率が高いから、たとえ開封していなくとも、中で酸化が進んでいて有害だというのだ。缶詰は缶から有害物質が染み出てフードに混入するというので決して薦めない。どうしてもというならH'sだけはかろうじて許可。驚くほど(いや呆れるほど、というのが正しい表現)徹底した管理体制をしいている。彼の口から「御飯」と出たら、それは彼が指示した食事のことだけを意味する。指示された食事以外を食べさせて患畜の病気が進行したり、悪化したら・・・最悪出入り禁止。

彼のように極端な獣医は稀だろうが、経験上言えることは、千太郎のように一般食を口にし続けて内臓疾患を発症する猫が、この世に間違いなく存在するということ。

食事は大切だ。

どんなに徹底管理しても病気になる時はなる。仕方のないことだ。だからこそいざという時に後悔しないよう気を配りたい。私たち人間にできることは、それだけのように思うから。

我が家では今年18歳になる百次郎がいるので、若猫より老猫主体。この15年間彼が食べ続けている腎不全の療法食(H'sは最近食べないので、腎臓サポートとキドニーケアのドライ)をメインとし、ナチュラルライフ、ナチュバラのドライ、染六のための高栄養サポート(最近は月1~3袋)、H'sグロース、山羊ミルク、大人猫の毛玉除去のためたまにH'sのヘアボールコントロールを与えている。缶詰は月1回、○チュバラ、グリーン○ィッシュ、ピ○クルを。一時期与えていたFRRは高額の為敢え無く撃沈(T^T)

おやつは、猫馬鹿さんから頂戴したオーガニックササミをたまに与えてる程度。それ以外は野菜好きな奴らに、ネギ類以外なら食べたいだけ食べさせ、我が家で猫馬鹿集会を催したり、お誕生日などのお祝いの時のみ、お刺身やチーズ、生クリームやお菓子などを頂戴する程度。

あまり神経質になるのもどうかと思うが、千太のことがトラウマになっているのか、どうしても↑以外のフードに手を伸ばすのがためらわれるのだ。

しかし、そう言いながらも他に何かいい食事はないものかと暇を見つけてはネット検索し、猫馬鹿サイトが発信する様々な情報にも敏感に反応する。日々精進。

今日からボロ市再開。極度の運動不足ゆえ、鞭打ってでも辺りを徘徊せねば!明日16日はP姉さんとボロ市デートのあと、我が家で野郎たちに会っていただき、猫談義に大いに花を咲かせる事になっている。今は亡きこごみちゃんソックリのジュサ坊に是非とも会って頂きたいのだが・・・顔を見せるのは無理でも、窓際に出てさえいてくれれば彼女に紹介できる。ジュサ坊、頼むよ!


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

玄米 [フード]

お昼ごはんは鶏のチューリップ鍋(笑)

なんてこたぁない、連日独り鍋楽しんでるんですぅ(笑)

染六も大興奮!テーブルの周りをウロチョロ、クンクン。

朝はジュサ坊、百と一緒に白菜をクシャクシャ食べ、昼は鶏か?

そうはいくものか!こりはわしんじゃぁ!

六は玄米御飯にも興味を示す。お椀に鼻を突っ込みクンクン。

んじゃ、食ってみる?

そのまま暫く見てたら・・・食ったわ~(^_^; アハハ…

玄米食った~~~っ!美味しそうにパクパク。

その影響かどうか知らないけど、それから暫くしてご立派なウンチがお出ましあそばしました~。

これからは、お腹が空いて五月蝿く付きまとったら玄米食べてもらおうかしらん♪

メシ~~~っ!


高栄養食到着 [フード]

Sのサイトから23日(日)に注文したウォルサム高栄養パウチ。平日営業日の翌日、今日のお昼にはもう届いてしまった。いつも1週間から10日平気で待たせるHに比べ、この迅速さはとてもありがたい。それにS急便の代替カード払いが可能なのでこれもまた便利だ。

これからは緊急なものはここで頼もう。って熊本なら2~3日は掛かるか・・・それでもHよりはまだましだ。しかし、Hは格安だからなぁ。急がないものは今までどおりHなんだろうなぁ。

さて、昨日出なかったウンチ。マッサージしても、綿棒の先でツンツンしても効果なし。それでも今日の午後にやっとこさ出たはいいが、その後もなんだか元気がない。中々ペッコリしないお腹をスッキリさせたくて食餌量を最小限まで減らしているのでエネルギー不足か。ウンチした後もお腹がある程度膨れている時に通常通りの食事量を入れると、胃腸でグズグズ滞っている未消化物が、どんどん増えるだけ。その内に消化不良でドッカ~ン!ただ、食餌を少なくするとエネルギーも不足するから動きも緩慢、目も虚ろ、ちょっと動くとすぐヒーターでゴロン、日がな一日元気がない。

あ”~、もう!!

高栄養食は消化吸収がいいそうな。少量で充分な栄養素が補給できるそうな。

届いたパウチは1袋100グラム。8週齢の体重400gに対し1日80g。単純計算で1回20g与えるようになっている。ただし個体差により±20%の調整可能とある。16g~20gの範囲内。。。計ってみると案外量がある。1回でこんなに?大丈夫かな?

しかし、試してみなくては。ワクワク、ドキドキ。6時の夕飯に20g与えてみる。食いつきは・・・当たり前のことながらがっついてあっという間にペロリ。もう少し、と見上げてはいたが、すぐに諦めて染の元へ。ぷっくりと膨れたお腹。久々の満腹感を味わいつつ、嬉しそうに染と激しい運動会を繰り広げる。徐々にへっこむお腹まわり。そして、体力、体の大きさが格段に違う六は、一足お先にヒーターで(__)。。ooOZZZZ。
最近なにげにいい感じの百六コンビ

独り取り残された染の次のお相手はジュサ坊。ひとしきり走り回ったあと、2匹とも(_ _).。o○。
寝相の悪さから見ると、こいつはきっとでっかくなるなぁ~。
さすがヒーター愛好家倶楽部会長だけのことはある。うまく小さな隙間を見つけてくる。
上から見ると・・・

さて、ここまではどんな食餌であろうと満腹になったら必ずそうなる。

問題はこれからだ。

次の食事時間11時にはどういう状態になっているか。食慾は病気や体調不良でない限りあいつのことだから、死に物狂いのマンマコールをするにしても、お腹はペッコリしているだろうか。元気良く動いているか?良く遊ぶだろうか?そして、明日の朝8時の食事の時にはどうなってる?体重の増え具合は?あまりにも増えているとすれば、つまり、それだけ消化されていないことになる。ウンチの出具合は?などなど、チェック項目は幾つもある。結果が出るのはまだまだ先としても、何事も起こらずこのまま上手くいけばいいなぁ。チェック項目がすべてクリアされればいいなぁ。

とりあえず、今日の最後の食事は高栄養5g弱とミルク7.5ccの予定。

   ***   ***   ***   ***

だったが。。。。ここから先はあまりにも悲惨なため、いやあまりにも恥ずかしい為に新しいスレ立てるだけの勇気もなければ、気力もなし。実は・・・


夕方6時に高栄養食20gを食べたあと、爆走~爆睡~そして9時過ぎに起きて染と10時近くまで仕事場で飛び跳ねていた。よしよし、中々好調!と思っていた。が、そのあと急に静かになり、何してるんだろうと何の気なしにリビングを覗いてみると・・・そこには生ごみの入った袋を食い破り、廃棄したk/dドライを貪り食う六がいた・・・それもあろうことか、明日が燃えるごみの日なので野郎共のトイレの砂を全とっかえしたから、オシッコがタップリ沁みこんだ使用済みの砂がどっさり入っていたのだっ!どれくらい食っちまったのかなぁ~、オシッコタップリ吸った砂まみれのk/d(T^T)

きっと染も食っちまっただろうなぁ~。

ということで11時の食事は5g高栄養少量のミルク掛けのみ。

センセに電話せねばとも一瞬思ったが染六とも元気に走り回っているし、兄貴たちのオシッコが沁みこんだトフカスとk/dだ。開腹したり胃洗浄するような代物でもなし(^^;; ヒヤアセ 食っちまったものは仕方ない。明日以降に下痢したり、体調が急変したら病院行きだが、そうじゃなければウンチで出てくるのを待つしかないだろうよ(T^T)ったく!

ただ今、染六は仲良くベッドで爆睡中。人の気も知らないでよ~##


ぽちっとな [フード]

極度の栄養失調のため、多量の食餌を摂取しても消化が追いつかず、消化不良や糞詰まりを起こしやすい六のため、考えた挙句にウォルサムの高栄養パウチ24パック入りを2セットぽちっとな。

本当は出来るだけ自然のままで徐々に改善していきたいので、療法食使用はあまり気が進まないのだが、大切な成長期の真っ只中にいる六の体が、死期間近な千太の異化が進行した骨格標本のような体に余りにもそっくりで・・・

短い期間でもいい。消化吸収が良く、尚且つ少量で充分な栄養素を補給してやりたい。

高栄養食品は身体機能及び内臓器官が安定するまでの、ある一定の短い期間使用する食餌なので、今回購入した48パックがすべて無くなったら普通の食餌に戻すこと。

いや、できれば補助食品的役割で、現在の食餌(グロース、山羊ミルク)と併用して使用していきたい。

六、お前のその晩年の千太を髣髴とさせるガリガリ、ごつごつとした体に少しでも丸みが出るように、短い期間だけど新しい食餌を加えるぞ。


山羊ミルク情報 [フード]

哺乳瓶は卒業しました。今ではスプーンからミルクタップリドロドロ離乳食をペロペロ、コクコク。(カメラマン=スタルカさん)

六のカチコチウンチをなんとかしたいと思って始めた山羊ミルク。ここで薫が購入した2商品についての情報をば。

まず手始めに購入したのが、

☆ペットボタニックスゴートミルク&核酸(DNA・RNA)粉末 150g  販売価格: 1,680円(消費税込・送料別)

http://www.h2.dion.ne.jp/~oburanta/haru-syop/sp-petbotanics.htm

核酸入りというところに興味を持った。ただそれだけの理由。味はミルクというよりサプリメント。サラサラしておりお湯に溶かしてもミルクの匂いがまったくしない。六の強制給餌後の指先の匂いを嗅いでもふやかし食の匂いだけ。が、染六だけでなくミルク大好き幸四郎にも大好評。溶かさずそのまま舐めさせてもOK。

開始4日目にして待望のしっとりウンチご降臨。やっぱり凄い効果。

ただ150㌘など仔猫2匹にかかればあっという間になくなってしまう。一週間目でもうカラッポ。同じ商品を購入しようとも考えたが、なにせお高い!もっと安くても山羊ミルクには変わりあるまい。核酸が入っていないただの山羊ミルク・・・値段もお手ごろ・・・できれば200~300gは欲しい・・・あった!

ネット検索の結果、次に購入したのが

☆メインバーグ ゴートミルクパウダー 340g 

価格 2,280円 (税込2,394円) 送料別

http://www.rakuten.co.jp/mabuchi/591556/606287/

倍以上増量で前者の半額以下。どうせ消耗品だと2缶購入。このショップ以外ではもっとお高いところもあるのでご注意を。核酸入りが午前中で切れたので午後から使用開始。味はミルクそのもの。お湯溶けも良い。なにより、これぞミルク~~~っという匂いと味。核酸入りでは経験できなかった『ミルク臭さ』は抜群。お湯に溶かした瞬間にそこいら中、ミルクの匂いで充満する。給餌後の指先もマッタリトしたミルクの匂いがこびりついている。染六も核酸入りからスイッチしたことなど関係ないようで喜んでパクついている。

「アダモステ~~~」「アダモちゃ~ん」離乳食になっても、この姿だけは今も健在(カメラマン=スタルカさん)

昨日みみ母さんが撮ってくれた六。↑の写真を撮影してくれたマダムが我が家へいらっしゃったのは、みみ母さんよりたった5日前なんだけど・・・まるで別猫。

染=体重940㌘(+30g)投薬による連日の食慾不振。お互いのあ・うんの呼吸も出来てきて、強制給餌も徐々にスムースに。相変らず文句は多いけどね。でも、「ア~ン」と言いながら口をこじ開ける回数が減ってきた。「グニャグニャ」とか文句いいながらでも自分から口を開けて食べてくれるんだよね~(泣)なんて奴なんだ~。かわええ~~。食欲はなくてもお腹は空いてるんだよね~。千太の時と同じだ・・・。ウンチ:1回

六=体重370㌘(+20g)また大きくなったか?それとも気のせい?オシッコの回数が1日2回って・・・。でも出てるんだから安心だけど。もう少し水分多目の食事にした方がいいのだろうか?こっちも染同様、投薬による食欲不振が続いている。染に比べて口が小さいから1度に入る量が少ないので大変。顎の関節が外れないか気が気じゃない(^^;; ヒヤアセ ウンチ:3回


フリントリバーランチ続報 [フード]

興味あり!とのコメントが続出しているフリントリバーランチの発売元さんをここでまとめてご紹介!

☆ねこまんまさん/3日間無料体験フード有り(http://www.cat-food.biz/html /suppre.html)。

 そして嬉しいことに、ひぴさん@ぎゃおすより耳寄りな情報を頂きました。ねこまんまさんより安く買えるショップがあるんですよん♪
その代り、納期が遅いかも。。。とのことですが、こんな高級品、大量買いしても食ってくれなかったらど~しよ~、と脂汗垂らして悩んでたあたしにとっちゃぁ、グラム売りしてくれる方がなんぼか助かるっす!

☆アメリカンペットプロダクツさん
http://www.amepe.com/index.html

ハッピー・ポーさん/400gからの小袋も有り!
http://www.alles.or.jp/~hiclip/top.html

お試しフードを食べ始めた野郎共、気のせいかウンチの出がいいです。ねこまんまさんに続いて、ハッピー・ポーさんにも今夜、いそいそとサンプル希望のメールを出した薫なのでっす♪

ひぴさん、嬉しい情報さんきゅですV(^0^)


フリントリバーランチ [フード]

3日間無料体験フード届きました!早速試食会。

同封のしおりには「今現在食べているフードに少量ずつ混ぜて」と書いてあるが、そんなの無視!直接3~4粒を手のひらに載せて顔の前に近付けてみる。

クンクンにおいを嗅いだと思った瞬間、オッソロしいくらいにがっつきましたよ、3匹とも!

いつもなら、どんなお気に入りの食餌でも、ゆっくりおっとりのんびり味わうジュサ坊と百が倍速モードで食べました。幸ちゃんなんて4倍速(爆)あわよくば他の奴の分まで食べちまおうって勢い。

それじゃ、キドニーに混ぜてみるか。

これも難なくクリア!全員、無我夢中でカリポリ・・・

最近ちと不評になった腎臓サポートだとどうだ?

これは・・・ジュサ坊だけパクついた。。。ジュサ坊、お前は健気!

では、明日以降もこのままの食べっぷりが続くかどうかを観察してから本格的に購入するか決めよう。

お試しフード申し込んだら、一人MAX5袋まで1袋が定価より1000円(消費税別)安く購入できるらしい。

しっかし・・・1袋(成猫1匹2か月分)の定価が6000円ですよ!

現在の収入から考えたら、そう簡単には購入できない代物だよなぁ~。

でも、野郎どものあの今まで見たことないガッツキが本物だとしたら、人間様の食費を切り詰めてでも大量買いしちゃおうかなぁ~・・・なぁんて思ってしまう。

はぁ~、いくら高価なフードであっても、ふみ母さんの鈴君みたいに、星一徹ばりにちゃぶ台オリャ(ノ-o-)ノ ┫するかも、と心の奥底で微かに期待してたけど・・・世の中って中々思うようには行かないようです(T^T)

lunaさ~~ん、はーぽんさ~~ん、うちの野郎共は全員、このバカ高いキャットフードが気に入っちゃったみたいだよ~~~ん(^^;; ヒヤアセ

☆今の時間、何が原因かわからんが発売元のHPが表示できません。なじぇ??


療法食が離乳食 [フード]

ジュサ坊は生後1ヶ月からk/dや腎臓サポート、そしてキドニーケアを食べている。始めはmoomamaから頂いた仔猫用ドライをミルクと混ぜてふやかしたものを食べていた。が、その内に千百が食べている腎臓疾患用の療法食を好んで食べ始め、それが今でも続いている。

幸四郎も同じだ。始めは輸入物の仔猫用缶詰、全猫用のナチュバラ、カリフォルニアナチュラル、ヒルズのキトン主体だったのだが、いつしか療法食がメインに。

病院にぶらりと立ち寄り、寿幸が療法食を好んで食べることを報告した時、「仔猫用の方が高蛋白で味もいいし、美味しいの。仔猫なら喜んで食べるはずよ」20年来お世話になっているセンセの奥様(彼女も大学病院の獣医師で、ヒマな時にセンセの手伝いをしている)がそう断言した。が、そうはうまいこといかないのが世の常。離乳食や仔猫用ドライを与えても見向きもしないし、口に入れたとしてもすぐ下痢してしまい、慌てて療法食に戻すといいウンチになる始末。どうも療法食体質になっちまったようだ。ご存知のように、療法食は低タンパク高脂肪。結果、寿幸は1年未満でコレステロール値が異常に高くなってしまった。つまり・・・デブ・・・

6歳の千太が腎不全と診断された時、3歳だった百次郎も腎不全予防のために、療法食デビューした。その時、センセは私に言ったものだ。「健康な子が食べると太るんだが、病気になるよりましだよな」

ずっと一般食を食べていた千太、この時から12年近くにわたって強烈なヒルズ信者のセンセの徹底指導の下、療法食(それもk/dオンリー)しか食べていない。(尿毒症が進行してからは療法食を余り食べなくなり、薫はあてのないフードジプシーとなる。が、晩年になるとなぜか再び療法食へ戻り、晩年は最後の食事となったふやかしキドニーを喜んで食べた)

確かに。健康な百次郎はあれよあれよと言う間に体重7キロの立派な「でかいさま」に変身した。だが、17歳になる今でも療法食一辺倒(たまにナチュラルフードは食べるけど)の彼は、お陰で腎不全の兆候はいまだ見られず元気だ。

そういえば、千太が脱皮した後、残された野郎どもは、それまで好んで食べていたカリフォルニアナチュラルをぱたりと口にしなくなった。スペシフィクもだ。この2種類に関してのみ、弟分たちは本心では「まずい」と思っていたけど、千太が美味そうに食べてるから「仕方なく」付き合って食べていたのか?千太がいなくなってすぐに口にしなくなった理由は、これしか思い浮かばないのだが。

現在、療法食のほかに、ヘアボールコントロール(シニア)、ヒルズのキトンドライ(この頃また食べ始めた)、ピナクルキャット、そしてナチュラルライフ(うちのセンセがヒルズ以外で唯一認めるキャットフード)がメインフード。時たまナチュバラ、アズミラの缶詰が色を添える。

先日、ナチュバラのフィッシュ(チキンやターキーはお気に召さないようだ)とヘアボール、そしてドライ(プレミム、ダイエット&シニア、グリンピース&鹿肉)を追加購入した。封を開けてる食餌が終わったら、早速試してみよう。缶詰は問題なく食べてくれるのはわかっているのだが、ドライ(その時はプレミアムのみ)は大分昔、千太が生きている頃に一度トライしてNGだった。さてさて、千太脱皮後、3匹の野郎共の舌はどう変化しているのか?それとも全く変わらないのだろうか。興味津々。

しかし、これからも療法食主体の食生活が続くことに変わりない。

寿幸の療法食大好きに、ヒルズに加えてキドニーもやっと受け入れるようになったセンセはというと・・・「仕方ないんじゃないの?」ってお手上げ状態。ほんとにこれでいいの??でも、マジ仕方ないよね~。┐('~`;)┌

*老猫会である意味有名人になっちまった(爆)うちのセンセの病院のHP(これが超しょぼいんだな~)を紹介します。このページのどこかをクリックすると飛びまっす!飛びまっす!

すべての事の発端は、どう考えても君のような気がするんだけどね~、千太。


フード ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。