So-net無料ブログ作成

ご帰還 [野郎猫]

お昼前に病院から連絡あり。

「染五郎ちゃん、六輔ちゃんですが夕方4時過ぎから7時までの間でお迎えお願いします」

料金を確認し、夕方4時銀行に立ち寄った後、病院へ。

診察料、手術代、尿便検査、宿泊料、六のマイクロチップ挿入代金、S区去勢手術助成金を差引き、染六2匹分合計〆て24540円也。

あれ?2匹とも同じ料金だ。六のマイクロチップ挿入料金3500円が加算されてない・・・あは、センセったらサービス期間終ってるのに免除してくれてる。明日郵便局で登録料1000円を支払うだけでいいようになってる(泣)センセ~~~ありがとね♪助かるよ~~~。

入院中にお願いした尿と便検査の結果だが、

=便に毛が沢山。毛球除去剤をしっかり舐めさせること。尿は異常なし。まだ毛が抜けない染が何故に?兄ちゃん達をせっせとグルーミングするからかな?

=便異常なし。尿に少量の潜血と蛋白。1週間後に再検査。それまでにトイレを頻繁に行き来するようなら即病院。細菌性膀胱炎は完治しているはずだ。疑われるのはドライの食事。こいつだけはドライはふやかして与えなきゃ。あとウエット食。やっぱりコビトネコだから内臓も未熟なんだな。ドライはまだ無理なんだ。

帰宅途中、リュックキャリーからは六の元気な声しか聞こえてこない。染はだんまり。

我が家に到着し、キャリーから顔を出した染六のサクランボは見る影もなくしょぼくれている。が、本猫たちはいたって元気。百から歓迎のお小言を頂き嬉しそう(?)寿幸は歓迎のお尻クンクンが終るとすぐさま追いかけっこ開始。染六も待ってましたとばかりドタドタ駆け回る。

現在、幸ちゃん監視の中、染六だけで鬼ごっこ中。賑やかなこと。大人組の試練の日々がまた始まる。この2日間まったく耳にしなかった百のお小言が、染六復帰と同時に爆裂。デッカイ兄ちゃん、ご苦労様。

やんちゃ坊主コンビ、心配された入院パニックなどまったく見られない。同じ状況下で寿幸に見られたお水のがぶ飲みもなし。いつも通りの染六だ。こいつら見かけによらず大物かも。いや、ただの能天気なお気楽トンボなだけかも?

1週間後検診は3月2日。何事も起こりませんように。
おなかいっぱい御飯食べて、思い切り走り回って、ウンチもオシッコも済んだらあとはバタンキュ~(__)。。ooOZZZZ


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

染六手術 [野郎猫]

午後5時半、病院から連絡あり。

「染五郎ちゃんと六輔ちゃんは無事手術を終え、今しがた麻酔から覚めました。お迎えは明後日の午後になると思いますが、午前中に必ずご連絡いたします」

とうとう染六ともオカマになっちゃいました。

今朝9時、染六をリュックキャリーに入れた後、大人組に朝食を与え出発。センセも看護師2人も既に病院で待機している。

まずはサクランボ収穫が微妙だと感じるこいつから。歯の生え具合とサクランボを丁寧に診察。「大丈夫!今日一緒にやっちまおう」体重2.7キロ。血液検査の為の採血も、短い稲妻尻尾を股間に挟んではいるが、初めてきくドスの利いた大きな声で鳴きながらセンセにガン飛ばすなど、非常に落ち着いた(笑)態度。GPTが58、Tcho(総コレステロール)が123と少々高めの他は全部基準値内。150グラムの地球外生命体コビトネコも3キロ近く。去勢できるまででかくなったことに感慨無量。

続いてこいつ。体重4.6キロ。六と同じく、長い尻尾を股間に挟みながら十八番の情けな声を精一杯張り上げ、センセや看護師さんに蹴りを入れる。注射器片手に「うるさい!!」センセが 怒鳴ると一瞬静かになるが蹴りは続く。センセ四苦八苦しながら採血。Tchoだけ116と高めだが、それ以外は基準値内。おっと、こいつ生後半年で百次郎、寿三郎についで重たくなっちゃったよ。幸四郎より重たくなっちまった。

染六共、血液検査の結果は良好。2匹とも総コレステロール値が高いが、これは我が家の猫である証拠(笑)幼い頃から百次郎の腎不全療法食を好んで食べているからであって全く問題なし。六の肝機能値が高いことに関しては、「この程度の数値なら問題ない。ちょっと緊張してるだけでもこれくらい上がる」とのこと。そう言えば1ヶ月の百次郎が肝機能高めだったなぁ。今年18歳になる百だが、心配された数値はどんどん下がり、今じゃ基準値内。もしかして、六もそのクチか?洋猫の血入ってる?

セ「2匹は何食ってる?」

薫「H'sのグロースと山羊ミルク、ナチュラルフード、それと百の腎不全療法食」

セ「半年過ぎたらもうグロースは止めていいぞ!大人食だけにしろ」

薫「は?1年間は高たんぱく食たべさせるんじゃないの?うちにはまだ幼児食山のように残ってるよ」

セ「いや、半年過ぎたら蛋白とコレステロール高くなっちまうから食べさせちゃ駄目!!業者さんの情報信じるな。研究もしないで何にも知らないまま売ってるんだから。『センセ~~、シニアって何歳からなんですかね~~?』って聞いて来るから『そんなの俺に聞くな!あんたらの方がプロなんだろが##』って怒鳴ってるくらいだ」

勿体無いから家にある分は食べさせちゃおっと(^_^;))))))コソコソ・・・でも、熊本に買い置きしてるグロース10袋・・・ど~しよ~。

どなたか必要な方がいらっしゃったらお知らせください。お譲りします。このまま暫くこっちに居座るなら療法食も引き揚げなきゃな( ;^^)ヘ..

必要書類に署名捺印しながら入院中に六のマイクロチップ挿入と2匹の尿と便検査をお願いする。染のマイクロチップだが、保護していた動物病院が既に入れているので必要なし。

あれ?

薫「行政窓口で手術の助成金手続き・・・まだだよね」

セ「あ”~~~っ、なんだよ!まだなのかよ!!本当は手術当日までに済ましてなきゃいけないんだぞぉ。しゃぁないなぁ。じゃ、この申込書持ってすぐに区役所で手続き済ませてきて」

薫「あのさぁ、先週電話した時に気にはなってたんだけど、何も言ってくれなかったじゃん。それにさぁ、今まではそっちでやってくれてたじゃん##」

セ「人のせいにするな!!おめぇが飼い主なんだからよぉ、俺らがうっかりしてても、そっちがしっかりしてなきゃ駄目じゃねぇかよ!!んで、獣医師が一括手続きすること禁じられちゃったのぉ。シノゴノ言わずにさっさと手続き済まして、通知書持って来い!!待っててやるからぁ##」

ちっ。口だけは達者なんだから。

申込書持って必死に自転車ふん転がし区役所へ。

薫「今しがた病院に去勢手術のことで相談に行きましたら、すぐに手術しましょうということになりまして・・・あはあは(;^_^A アセアセ・・・」

嘘も方便。センセを悪者にしないと気が済まない(笑)

15分待って決定通知書を作成してもらい病院へ戻る。

診察室では看護師のウメちゃんの胸にへばりついた六が麻酔注射を打たれている。うううう・・・ろ~~く~~~ぅ(T^T)

「六ちゃんって可愛いねぇ。ものすごく優しい顔してるよねぇ。大きくなったよねぇ」

受付に戻ってきたデレデレ顔のウメちゃんに書類を手渡す。

「あの子さ、毎晩耳チュパしながらじゃなきゃ眠れないのよ。お願いだから耳たぶ吸わせてやってね」

「お~~い、大型犬用のケージ無菌室に入れとけ!あとキャットフード多目にな。ケージの施錠も厳重にな。サルより賢いだろうから鍵あけるかもしれんぞ」

センセがウメちゃんに冗談混じりに言う。

「じゃさ、家族全員でお邪魔するわ。追加であと3匹分おねがい。もちろんタダで泊めてくれるんだよね」

センセと冗談言い合うのって久し振り。

帰宅すると幸四郎がお出迎え。これまで以上にウニャウニャゴロゴロ言いながら甘え、そばを離れようとしない。
百寿はやんちゃ坊主コンビが居ない内に命の洗濯するつもりなのか、食っちゃ寝の温泉モード。大の字で爆睡。期間限定のパラダイス気分を満喫しております(笑)

それにしても、染六がいないだけでこんなに静かになるなんてねぇ。今日明日は私も大の字で眠れそう。


nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

いよいよ明日 [野郎猫]

朝一番で染六の検査です。

たった今、9時の時報を合図に、明朝まで全員絶食に入りました。

染は誰が見ても完熟。

六はどうかな?染と一緒に収穫できるんだろうか?触った感じではもう少し待った方がいいのかな、という程度の熟し方なんだけどな。

明日、血検とセンセの触診によって2匹とも入院かどうかが決まる。


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さらばサクランボ [野郎猫]


             &

来週火曜日(21日)午前9時に揃って病院で血液検査の上、問題なければそのまま入院。晴れて大人の仲間入りをいたします。

染、どうもスプレーし始めたようなんです。そんな素振りはまったく見せないのですが、冬物のコートや部屋のあちこちが・・・臭うんです。

最初は肛門膿かトイレ臭と思ったのですが、どうも違うようです。
見てないところで始めちゃったかもね。

すぐさまセンセに連絡。来週月曜9時、いつものように関係ない野郎も含め、全員食事をストップ。火曜朝一で染六をセンセのところへ連れて行くことにしました。

染のサクランボはいつでも収穫できるくらいに熟しているものの、六は・・・どうなんでしょ?一応一緒に連れて行き、センセのお見立て如何ではもう少し先に延ばすかもしれません。

幸四郎までは3ヶ月過ぎたらさっさと収穫してたんですけど、染六は出来るだけ先延ばしにしたい気持ちが強くて。出会った経緯がそうさせるんでしょうか?寂しいような悲しいような、複雑な気分です。

うちのセンセの病院は♂でも2泊3日の入院を義務付けています。染六共いなくなったら・・・静かでしょうね~(ToT)


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

六は黒猫? [野郎猫]

昨日はバレンタイン・デー。

外出したついでに野郎共に何かプレゼントでも、と思ったが友人と別れ帰宅する頃にはすっかり忘れていた(爆)許せ!!

間に合わせだけどオーガニックチキンをちと多目に与えた。

そうとも知らず野郎共はウキウキご機嫌。健気(泣)

さて、今日もいいお天気。昨日より少し肌寒いけど、日差しは強い。野郎共は各自、お好みの場所で日向ぼっこ。春だね~。

太陽の日差しを浴びると六の体に微妙なグラデーションが浮かび上がる。

小さい頃から一体何変化したろうか。

摘まんだ当時、縞はあるけど黒猫か?と思ったらグレーや白毛がどんどん増え、かと思ったらブルーっぽい毛が増え、その内にまた黒に戻った。でもずっと縞々は残ったまま。太陽光に晒されると割とくっきりストライプがわかる。なんだかサビ猫っぽいけど、サビはミケと同じく♀だけだからな~。

赤茶も普通の黒猫より多目だし、お前って黒猫もどきなのか?

そんな不気味可愛い六の最大のお笑いどころ。それは・・・
このツバメの子のようなブヨブヨのくちばし(笑)耳チュパがまだ卒業できないでいるそこの君、もう6ヶ月なんだよ。そろそろお口をびしっと引き締めたらど?


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幸四郎の独り言 [野郎猫]

なに笑ってるん?
あ、くすぐってるのばれた?ちっ。それにしても・・・笑い顔まで情けな顔な奴って初めて見た_・)ぷっ 変な奴。
こいつらはお気楽だから、地球がくしゃみしても起きねぇだろうな~_・)ぷっ
げっ!!
こっち睨んでやがる_・)ソォーッ・・・「おめぇ、うるせ~ぞ。静かにしろい!」って、こわっ( ̄□ ̄;)!!
お前、まだ笑ってるの?もしかして睨まれて固まっちゃった?引きつってるの?それとも顎外れた?え?あくびしてるだけ?ヤッパこいつって変_・)ぷっ 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不可解なり [野郎猫]

今朝、キッチンの流しにCした奴!こんなこと初めてだ!!こんなことだ~れもやったことないぞ!!しかしその後は何事もなかったように普通に自分のトイレで用を足している。もしかして、これってマーキングの類とか???スプレーする仕草はまだ見られないが、こいつも7ヶ月目。そろそろサクランボ収穫日を決めなきゃならない時期が来たのかもしれないな。
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チュパチュパブラザーズ [野郎猫]

東京は久し振りのお湿りが続いている。何日ぶりの雨だろうか。パリパリに乾燥した空気がやっとこさ和らぐ。肺に入れてもチクチクしない。だが、このお湿りも豪雪地区では雪崩を起こす凶器になる。なんだか複雑な心境です。みなさまの地域は大丈夫ですか?

さて、今日は染六のお話を。

我が家の野郎で両親兄弟を含め出身がはっきりしているのは、我が枕元で産声を上げた千太郎とセンセが担当している患猫さんから生まれたいい所のお坊ちゃま百次郎だけ。他の野郎は不燃物ゴミと共に袋の中に入れられて捨てられていた1ヶ月子猫、寿三郎、元親さんが群馬の山奥で保護したへその緒付きの子猫、幸四郎、K県Y市動物保護センターからB動物病院へ移送された1ヶ月子猫、染五郎、その染五郎を譲り受けた帰路で保護した2週間仔猫、六輔。みんな母親を知らない。いや、厳密に言えばへその緒付きだった幸ちゃん以外は、母親の顔を覚えている可能性ありだ。が、百次郎を除き、千太から六輔まで離乳時期に至る以前に母親から引き離されているので、思い切りお腹一杯お乳を飲んだ記憶はない。あのお坊ちゃま、百だって両親と6匹の兄弟から引き離され我が家に来て暫くは、あまりの寂しさに千太のオッパイを吸っていた。千太はため息をつきながら、血でにじむ乳首を百に吸わせていたっけ。

だが、千寿幸はオッパイを恋しがることはなかったし、現在もそういう素振りは見せない。みんな、人工授乳であっても思う存分ミルクを飲んだのだろうか?

さて、今日のお話の主人公、染六。染は我が家に来た時には既に離乳準備時期に入っていたので、H’sのグロースを山羊ミルクでふやかし食べていた。六は極度の栄養失調なので歯は生え始めていたが、ほんの1ヶ月前くらいまでずっと、グロースのふやかし食と並行して哺乳瓶でミルクを飲んでいた。最近は流石に哺乳瓶では嫌がるが、皿にタップリの山羊ミルクは嬉しそうに飲む。

そしてご存知、六は「おしゃぶりにゃんこ」だ。耳たぶ、唇をチュパチュパ吸う。この頃は私がベッドに入っている時に限り、この行動をエンドレスに繰り返す。赤ん坊がオッパイやおしゃぶりを口に含んだまま、眠りにつくアレだ。

た~こさん曰く、しっかりと母親から乳離れする儀式を済ませていないと、大人になってもずっとこのまま死ぬまで、おしゃぶり行動を繰り返すのだそうな。

そう言えば、千太のオッパイを血だらけにした百次郎だが、千太が忍耐してくれたお陰で、めでたく乳離れしたとみえ、アレ以来一度もおしゃぶり行動は見せなくなった。

六は一生このままか・・・。

そう言えばこの前TVで紹介された、あるお寺の住職さんが飼っている長毛白猫。この子は住職さんがお勤めしてると、いっつも檀家さんのお耳をチュパチュパ吸っている。檀家さんたちも心得たもので、その猫の好きなようにさせている。住職さんたち御家族に耳チュパしてるかどうかは知らないけど・・・恐らくやってるだろうな~。この白猫さんも、六と同じ境遇か?

と思っていたら、いつからかは覚えていないが染の尻尾の先がベッチョリ濡れることが多くなった。最初はどこかで水にでも濡れたのだろうと気にしていなかったが、ある日「チュパチュパ」音がする。さては六がいつものように染の局部を吸ってるのかと、音のするほうに目をやると、そこには自分の尻尾を吸っている染がいた。エンドレスに吸う。眠りにつくまで吸い続ける。お陰で尻尾に先は唾液でびっちょリ。乾くとガピガピ。

どうしたのだろう、急に。以前はこんなことしてなかったのに。赤ちゃん返り?理由がわからない。永久歯も生えそろい始め、そろそろ去勢せねばならない年頃になった途端に尻尾しゃぶりとは・・・。

先住野郎共は全員無事乳離れしたというのに、新入りの染六だけなぜに?


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

窓辺のアイドル [野郎猫]

 「ママ、ママ、見てみて~!猫さんがいるよ」

「あ~、本当だ~。猫さんがいっぱいいるね~」

「いつもはね、あの白黒の猫さんだけしかいないんだよ。朝ね、いっつもね~、ボクにね、あそこから『おはよ~』って挨拶するの」

「へ~、●●ちゃんにご挨拶してくれるの~。賢い猫さんなんだね~」「うん頭いいよ。そっかぁ、あの猫さんには、あんなに沢山お友達がいるんだ~。知らなかった~」

今朝、窓の外からこんな会話が聞こえてきた。そっとカーテン越しに覗くと、幼稚園の制服を着た男の子とその母親がこちらを見上げている。彼らはうちのマンションの住人ではないな~。

ジュサ坊がマンションの住人、特に女性の間の隠れたアイドルだというのは知っていたが、まさかこんな小さなファンまでいるとはね~。案外、ご近所でも知られてる存在なんだな~、ジュサ坊。

中々やるじゃないか!

今朝は珍しく早起きした。「早起きは三文の得」というのはこういうことか?

今朝窓際族をやっていたのは寿染六。窓を開けて「本当はね~、あと2匹、『白黒猫さん』のお友達がいるんだよ~っ」て、大声であの子に教えて上げたかった。

今日の天気のように爽やかな気分だ。

ところが・・・先ほど、記事をUPしようとしたら「サーバが混み合っています。後ほど再度アクセスしてください」とエラーメッセージが出て、あっという間に全部消えてしまった。

「このドアホがっ##」

パソを睨んで毒づくと、ソファで舟を漕いでいた黒い塊がこっちを見やって「うにゃ?」と返事をした。まさか、と思い、もう一度パソに向かって

「ドアホっ!!」

と怒鳴ると、やはり黒い塊がこっちに視線を向けて「うみゃ?」だってさ。。。

 名前を呼んでも全く反応しないのに、なんで「ドアホ」だと返事するの?


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の野郎猫 [野郎猫]

☆今日はおでんを大量に作った。
いつものように牛すじを入れて。
適当な大きさに切っていると寿染六が色めきだつ。
赤味のところを少しずつ与えるとフガフガ喜んでがっつく。
生肉食べるんかい・・・・へ~。

☆フェルトの猫ハウス。
いつの間にか屋根に寝るようになりペッチャンコ。
今日など中に六が寝ているのに、その上からジュサ坊が・・・。
六は苦しくないのか?

☆なぜだろう・・・部屋の中がオシッコ臭い。
アンモニア臭がする・・・窓を全開にしても何故か抜けない。
まさかどっかに粗相してないだろうな~(^^;; ヒヤアセ

☆六を連れて例のペットショップへ。
店長や店員のお姉さんたちに代わる代わる抱っこされても、大型のダルメシアンが傍にいても全く動じない。ま、尻尾が膨らんでたけどね(笑)本当に人見知りしない肝っ玉の据わった奴だ。
お陰様で染六、こんなにでっかくなりました。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。